特に日本をはじめとして東アジアで利用の多いスマホ

ビジネスシーンでもスマホが普及

これだけスマホが普及すると、スマホの機能を生かしたビジネスツールが当然生まれてきます。
言うまでもなく、スマホにビジネス向けのアプリをインストールすると、外出先でも迅速なレスポンスが可能になり、スマホ一台で必要なデータを管理できるなどのメリットがあります。一度その便利さを実感してしまうと、なかなか手放せなくなってしまいます。
人気アプリとして、名刺管理アプリ、タスク管理アプリ、記事管理アプリ、業務効率化アプリなどが紹介されています。また書類や写真をコンビニのプリンターで印刷できるアプリは、紙媒体をすぐに上司やクライアントに提出したい場合に大変便利だと言われています。
また企業によってはオリジナルのアプリを用意し、従業員の業務を時にはサポートし時には管理するのに役立てています。

根強い人気のガラケー

ガラケーを含めた携帯は今では95%に近い人が携帯を利用しています。圧倒的にスマホ利用者が多いのですが、ガラケーもビジネスシーンでも未だに利用されています。特に法人が従業員に貸し与える携帯の場合には、ガラケーが根強い支持があります。
通話とメール、アプリも写真撮影やバーコードなど基本的なアプリに限定しても構わない、充電後の持続使用時間が長い、スマホに比べて小さい、電話本体の価格も低価格で済むなどのメリットがあります。
また一般ユーザーの意見として、スマホのタッチパネルが苦手、折りたためるため持ち運びが楽、落下して画面を損傷するリスクが少ないというメリットがあります。
ユーザーの中にはスマホとガラケーの2台持ち、使い分けている場合もあります。